ジョイス『ユリシーズ』解説あらすじ

ジェイムズ=ジョイス

はじめに

ジョイス『ユリシーズ』解説あらすじを書いていきます。

語りの構造、背景知識

新古典主義、神話的象徴の手法

 モダニズム文学はT=S=エリオットの『荒地』などを皮切りに、フォークナー(『響きと怒り』)、ジョイス(『ユリシーズ』)、三島由紀夫(『奔馬』)、大江健三郎(『万延元年のフットボール』『取り替え子』)など、神話的象徴の手法を取り入れるようになりました。これは神話の象徴として特定の対象が描写され、新しい形で神話や特定の対象が発見される機知が喚起する想像力に着目するアプローチです。

 本作品では冴えない中年の広告取りレオポルド=ブルームを中心に、ダブリンの1904年6月16日を様々な文体で描きます。タイトルの『ユリシーズ』はオデュッセウスに由来し、物語全体はホメロスの『オデュッセイア』と対応関係を持っています。テレマコスの象徴となるスティーブン=ディーダラス、オデュッセウスの象徴としてのレオポルド=ブルームのほか、さまざまな象徴が展開されます。

異質物語世界の語り手、複数の焦点化。一部等質物語世界の語り手

 本作品はウルフ『ダロウェイ夫人』と語りの構造としては近く、異質物語世界の語り手が複数の人物に焦点化をはかります。意識の流れの手法を駆使しつつ、豊かな語り口でもって作品が綴られています。

 また12章、18章など、等質物語世界の語り手によるパートもあります。18章はモリーの独白で、句読点のない文章になっていて、谷崎『春琴抄』を思わせます。

 このように混線した非線形の語り口が特徴です。

パロディ、認知言語学、記号学的な視点

 本作は全18章において各々パロディという形でさまざまなジャンル、作家のスタイルが導入されています。この語りの構造は『フィネガンズ・ウェイク』でさらにラディカルに展開されていきます。またこうした要素は村上春樹作品(『風の歌を聴け』)、ピンチョン作品、クノー(『文体練習』)、伊藤整、ナボコフ(『ロリータ』)に継承されていきます。

 このようなさまざまな作家、ジャンルのパロディを展開することで、現実世界における言語的多様性を抱えつつ営まれる実践の再現を試みているとも解釈できます。トウェイン『ハックルベリ=フィンの冒険』の如く、方言などの多様なスタイルでもって綴られる作品世界は現実世界の再現として捉えられます。

 また認知記号学、記号学的な発想を汲み取ることができ、つまるところ各々の言語、作家のスタイル、ジャンルというのは積み上げられた歴史の集積物で、歴史的蓄積の中で構築された各々の言語の(メタファー、レトリックなどに見える)全体論的デザインや歴史的実践の中での変遷に着目するのがソシュール以降の記号学や認知言語学と言えますが、ジョイスやそれ以降のモダニストの他言語、ジャンル、作家パロディの実践はその歴史性へのコミットメントでありその中での合理性や機知の発現と評価できます。

寝取られ男=コキュの物語

 寝取られ男=コキュのモチーフは英仏古典主義演劇に典型的なモチーフで、不適切な男としての、夫としてのコミュニケーションが風刺的に描かれる事が多かったのでした。

 本作における主人公格の一人であるレオポルド=ブルームも、コキュとして設定されています。ジョイスがいちばん影響を受けたのはイプセンという劇作家で、創作において演劇的なバックグラウンドが濃厚なのでした。

『ハムレット』のパロディ

 本作における主人公の一人であるスティーブンは、『ハムレット』のパロディとしてその物語が展開されています。スティーブンはジョイス自身がモデルですが、ジョイス自身も父との関係に悩み、それゆえ『ハムレット』父の亡霊に悩むハムレットを象徴として、スティーブンの物語が展開されます。

物語世界

あらすじ

第一章

 午前8時。ダブリン南東にあるサンディコーヴ海岸のマーテロー塔。

 ここで医学生バック=マリガンが、同居人の作家志望の青年スティーブン=ディーダラス(自伝的な『若き芸術家の肖像』の主人公)を階上へと呼びます。マリガンに対して、彼がスティーブンの母の死に関して言った心無い言葉と、マリガンが招いているイギリス人学生のヘインズに対する不信感のために不和を生じています。3人は朝食をとり、食事中にやってきた老婆からミルクを買い、その後三人で外へ出ます。

第二章

 午前10時。スティーブンは、塔の近くの私学校で学生に歴史を教えています。授業後、学生の一人サージャントに数学の算術を教え、その母親のことを考えます。その後、校長のディージーに給料をもらい、彼に歴史談義を聞かされ、口蹄疫に関する論文の投書のために新聞への口利きを頼まれます。別れ際に校長は、ユダヤに対する侮蔑的な見解を述べます。

第三章


 学校を出たスティーブンは、ダブリン市内のサンディマウント海岸にきます。彼は、哲学や文学、家族、パリでの生活、母の死に思いを巡らせるなどします。意識の流れで綴られます。

第四章


 時刻は再び午前8時。舞台はダブリン市内エクルズ通りのレオポルド=ブルーム宅。ブルームは、中年のユダヤ人で『フリーマンズ=ジャーナル』の広告取りです。ブルームは、娘からの手紙を読みつつ、妻モリーとは別に朝食を取ります。ブルームは、妻がボイランと浮気をするつもりだと考え、苦悩します。

参考文献

・リチャード=エルマン 宮田恭子『ジェイムズ=ジョイス伝』(みすず書房.1996)

コメント

タイトルとURLをコピーしました