大江健三郎『万延元年のフットボール』解説あらすじ

大江健三郎

始めに

始めに

大江健三郎の死を悼み、代表作『万延元年のフットボール』のレビューを書いていきたいと思います。

語りの構造、背景知識

フォークナー、アナール学派、文化人類学の影響

 大江健三郎は初期からモダニズム文学者ウィリアム=フォークナー(『響きと怒り』)の影響が顕著です。コンラッド(『闇の奥』)やT.Sエリオットといったモダニズムの潮流を汲むフォークナー(『響きと怒り』)は、たとえばアナール学派が設定したような問題意識から、過去の歴史を物語ろうとします。文化人類学、社会学の分析枠組みを導入し、世相史や社会史の記述を試みたり、ミクロなアクターの視点・現象からの記述やマクロなシステムの構造的考察といったアプローチを試み、従来の歴史学における事件史、人物史のような形の分析に異議申しだてを計りました。

 フォークナーの文学は、「意識の流れ」の手法もそうですが、ミクロなアクターの一人称的視点のリアリズムを小説世界に展開し、特定のトポスに焦点を当てることで、単なる中央の政治的アクターによる事実の羅列たる事件史とは異なった、アメリカ民衆史、社会史としての歴史文学をそこに展開しようと試みます。

 大江健三郎もまたフレイザー『金枝篇』などの影響の下、本作品で、歴史の中のミクロなアクターや特定のトポスに焦点を当て、そこにおける時間軸の中での実践を記述することで、人間の暴力性、革命のような現象の起こる背景について、その構造的記述、理解を試みようとします。

スポーツと宗教を結ぶ文化人類学

 この作品は村でのフットボールを通じて、過去の血と暴力の歴史が呼び起こされていくというのが肝となるわけですが、同様にスポーツに注目したモダニズム作家にバーナード=マラマッドがいます。マラマッドもまた、ヘミングウェイ(『老人と海』)、ジョイス(『ユリシーズ』)といったモダニズムからの影響が顕著な作家で、象徴的な手法を用いる作風が特徴です。野球選手の神話的ドラマ『ナチュラル』を書く前に、マラマッドはJessie weston”From Ritual to Romance”を読んでいます。これはフレイザー『金枝篇』の影響下で書かれたもので、アーサー王神話の成立を考察するものです。そんな『ナチュラル』は野球選手ロイを主人公とし、アーサー王神話、失楽園神話のパロディとなっています。

 スポーツと宗教というものはある部分では似ています。それは両者が共に制度であり、その中で人間の合理的、戦略的実践が行われるという点です。スポーツというものは、その中でアクターがフェアに戦略性や合理性を競えるようにという目的に合理的にデザインされた制度です。同様に、宗教というものは特定の現象の背後に「神」などのアクターを想定し、それに対する合理的、戦略的コミュニケーションの帰結として発生するという点で、人間の合理性の副産物です(そしてその制度の中での実践や制度を生み出す心理的戦略的合理性のはたらきを解釈しようとするのが文化人類学)。宗教の中での規範や実践に人間に固有の思考形式の一類系を見出せるのと同様に、スポーツの中での実践にも人間に固有の戦略的、合理的思考を観察することができます。

 大江やマラマッドのスポーツへの注目にもそうした部分が手伝っているのではないでしょうか。

象徴的手法

 フォークナーやマラマッドの文学同様、この作品でも象徴的手法が採られています。その最大のものはやはり万延元年の一揆と、現代のフットボール活動が結びつけられる部分でしょう。

 宗教やスポーツ同様に、一揆もまた法の下でのアクターの合理的、戦略的実践である点で共通します。またスポーツと一揆はともに祝祭的な行為というカテゴリーレベルの共通性を持ちます。そうした思いもよらぬモチーフ同士の組み合わせ、モンタージュによって、現実を違った形で認識、発見できるようになることに喚起される想像力を、大江やフォークナーの象徴的作品は意図しています。

象徴と輪廻と時間

 まずT=S=エリオット『荒地』の下敷きとなった文化人類学者フレイザー『金枝篇』が、ネミの森の王殺しの儀式の伝統に対して、自然の輪廻と転生のサイクルを維持するためという解釈を与えています。そこから以降のモダニズム文学において、輪廻や転生の主題が継承されていきました。

 サリンジャー『ナイン=ストーリーズ』などにもその影響が伺えます。中上健次『千年の愉楽』、三島『豊饒の海』シリーズ(1.2.3.4)、押井守監督『スカイ・クロラ』などにも、モダニズムの余波としての転生モチーフが見えます。

 本作においても、土地の中で一揆という行為が輪廻してフットボールという形で立ち現れ、土地に刻まれた長い歴史を演出します。

物語世界

あらすじ

 根所蜜三郎と妻、菜採子の間に生まれた子供には重篤な障害があり養育施設に預けられています。蜜三郎のたった一人の親しかった友人は異常な姿で縊死します。蜜三郎と菜採子の関係は冷めきっています。そんな家族の谷間の村への帰郷と、そこでのフットーボール活動やスーパーマーケットとの対立、夫婦の絆の再生が描かれます。

総評

大江健三郎が新たなステージに登った時期の作品

大江健三郎は『万延元年のフットボール』『懐かしい年への手紙』『僕が本当に若かったころ』『取り替え子』などを経て段階的に成長を遂げた作家ですが、これもそうした転換点となる傑作の一つです。

関連作品、関連おすすめ作品

・村上春樹『1973年のピンボール』:象徴的手法。

参考文献

・福井憲彦『歴史学入門』(岩波書店.2019)

・Philip Davis”Bernard Malamud”

小谷野敦『江藤淳と大江健三郎』(筑摩書房)

コメント

タイトルとURLをコピーしました