コンラッド『闇の奥』解説あらすじ

ジョセフ=コンラッド

始めに

始めに

今日はジョセフ=コンラッド『闇の奥』のついてレビューを書いていきます。T=S=エリオット『荒地』、フォークナーのサーガなど、後世への影響が計り知れない作品です。

語りの構造、背景知識

等質物語世界の語り手。複層的な枠物語的構造

 この作品を特徴づけるのは、何と言ってもその特異な語りの構造です。この作品の語り手は最初「私」と呼ばれる船員なのですが、そこへ船乗りのチャールズ=マーロウが、仲間たちに向けて自分の過去について語り始め、彼がクルツという男に関連して見聞きしたことを語り出します。こうして「私」はマーロウによる第二次の語りの聞き役へと交代します。このようなボッカチオ『デカメロン』のような枠物語的構造が特徴です。

 コンラッドは等質物語世界の語り手を設定するヘンリー=ジェイムズの、特に『ねじの回転』の影響を受けていました。この作品も等質物語世界の語り手・「私」が設定され、「私」はある屋敷に宿泊した一人で、そこで開かれた怪談の集まりに加わっているのですが、そのうち一人(ダグラス)が、かつて自分の家庭教師(ガヴァネス)だった女性について、彼女から来た手紙の朗読などを通じて語ります。最初に現れた「私」はもっぱら聞き手になっています。また、コンラッドの私淑したモーパッサン「隠者」も、同種の枠物語で、永井荷風がこの影響で「おもかげ」をものしています。

コンラッドの手法の展開

 『闇の奥』ではマーロウが語りの主体となると、焦点化されるマーロウがかつて伝聞したことなどがさまざまに物語られ、クルツという男を巡って見聞きしたことが縦横に綴られていきます。こうした語りの主体を聞き手の設定やその他第二次の語り(書簡体小説、作中作など)によって複数導入する手法はT.S.エリオット『荒地』やフォークナー『死の床に横たわりて』『響きと怒り』などに影響しましたし、国内では芥川(『藪の中』)、古井由吉、後藤明生(『吉野太夫』)のほか、昨今では浅田次郎『壬生義士伝』、宮部みゆき『火車』など、エンタメ小説でも広く見られる手法です。

 コンラッド『闇の奥』も植民地制度の不正義を告発する内容ではありますが、このような手法はもっぱらポストコロニアルな主題を孕みつつ継承されていきました。大江健三郎『万延元年のフットボール』の記事でも書きましたが、フレイザー『金枝篇』がT=S=エリオット『荒地』に導入されて以降、作家は語りの手法に民俗学、社会学的アプローチをも積極的に取り入れるようになっていきました。特にアナール学派的な、中央の事件史に抗する心性史としての歴史記述のアプローチは、ポストコロニアルな主題を孕みつつ、ガルシア=マルケス『族長の秋』『百年の孤独』などラテンアメリカ文学などへと継承されていきました。歴史の中のミクロなアクターの視点、語りを通じて歴史を記述、再構築しようとするアナール学派的アプローチは、小説家にとっても強力な武器となったのでした。

栄光と破滅のリアリズム

 コンラッドはフローベール(『ボヴァリー夫人』)やその弟子モーパッサンのリアリズム文学、自然主義文学を好みました。フローベール『ボヴァリー夫人』的な、ブルジョワ社会における自己実現をめぐった栄光への野心と破滅の主題は、『闇の奥』においてもクルツの絶頂と破滅という形で継承されています。ブルジョワ社会の頽落への批判的なテーマはT=S=エリオット『荒地』にも見えます。

映画『地獄の黙示録』との違い

 F=F=コッポラ監督『地獄の黙示録』は本作を原作としていますが、舞台をコンゴからベトナム戦争時代のベトナムに改めています。また『金枝篇』やエリオット『荒地』からの影響が顕著で、儀礼的な場面の映像のモンタージュを通じて、神話的な象徴としての物語になっています。森の王、司祭であるマーロン=ブランド演じる・カーツの栄光と破滅が描かれます。コンラッドの原作では、後続のエリオットやフォークナーと異なり、神話的主題が前面に出るわけではありません。

物語世界

あらすじ

 船乗りのチャールズ・マーロウが、船上で仲間たちに過去を語ります。マーロウは、ベルギーの貿易会社に入社していました。マーロウはアフリカの出張所に着きますが、そこでは黒人が象牙を持ち込んで来て物品と交換していた他、奴隷たちもいます。やがて奥地にいるクルツという代理人の噂を聞きます。クルツは奥地から大量の象牙を送ってきて、その手腕に将来が期待されています。

総評

モダニズム文学におけるモニュメント

モダニズム文学の源流としての偉大な作品です。フォークナー、T=S=エリオット、大江健三郎、ガルシア=マルケスといった巨人のために礎を築いてくれた作品です。

関連作品、関連おすすめ作品

・ローラン・ビネ『HHhH (プラハ、1942年)』:アナール学派以後の歴史小説

・オーソン=ウェルズ監督『市民ケーン』:栄光と墜落。非線形の語り。

・『十三機兵防衛圏』『428 封鎖された街で』:非線形の語り、焦点化の実験

参考文献

・武田ちあき『コンラッド 人と文学』(2005.勉誠出版)

コメント

タイトルとURLをコピーしました